ブログ

blog
2018/6/14 10:00

「くらしカメラAI」を搭載したエアコン「白くまくん」で、常に快適なお部屋を



6月も半ばにさしかかり、だんだんと毎日の気温が高まってきました。
宮城県だけではなく全国的に見ても30度近くなる日もあり「エアコンをつけないととても暮らせない」と感じている方いらっしゃることでしょう。

しかしエアコンをつけっぱなしにしていると逆に体が冷えてしまうことってありますよね。かといって温度を上げてしまうと、今度は暑くなってしまう……。

温度調節のバランスが取れなくなってしまうケースもあると思います。

また家族やオフィスなど、複数人いる部屋の場合は、長く室内にいる人と外から帰ってきたばかりの人とでは感じる体感温度が違うため「在室者みんながちょうどいい温度」を保つことが難しい場合もあることでしょう。

そんな方におすすめしたいのが、日立ルームエアコン「白くまくん」

部屋にいる人みんながいつも快適に過ごせるお部屋を実現するための、さまざまな機能を搭載した“賢いエアコン”です。


■人や部屋の状況を自動で判断してくれる「くらしカメラAI」



「白くまくん」のエアコン本体の下部には「画像カメラ」と「温度カメラ」、「近赤外線LED」、「温度センサー」、「湿度センサー」があります。これらは総称して「くらしカメラAI」と呼ばれ、常に部屋の状況をサーチしてくれているのです。

「くらしカメラAI」は服装や身長などから人を判別して記憶。位置や活動量、在室時間などを判別し、人の動きに合わせて風向きを調節してくれます。

外から帰ってきた人に対しては積極的に風を送り、ずっと室内にいる人に対しては寒くなりすぎないように控えめに送風してくれるのです。

その結果、部屋にいる人すべてが寒すぎず暑すぎない快適に過ごせる空間が完成します。

また、床や天井、壁、インテリア、家具などの位置と温度を識別してくれるので、気流を通しやすいポイントに向けて送風してくれるばかりか、部屋の間仕切りを開けたことを察知して風向きを変えることで、隣室まですぐに涼しくなるのです。

さらに窓から漏れる陽射しの量で、天候や昼夜などの外的な状況もしっかり把握。
曇りの日や夜間の時間帯は、部屋の内部の冷やしすぎないように控えめに運転してくれます。


■「白くまくん」で大幅な省エネ効果も期待


その場の状況によって、最適な運転量をキープするので、省エネ効果も期待される日立ルームエアコン「白くまくん」。

室内に人が多い場合は運転量も増え、逆に人が減った場合は控えめに運転してくれるのです。

また部屋に人がいなくなると、10分後には自動でセーブモードに切り替え、1時間後には自動停止する機能もあるので、つけっぱなしによる無駄遣いの心配も要りません。

「くらしカメラAI」を搭載した「白くまくん」を導入して、肌寒くも暑くもなく在室者みんなが気持ち良く過ごせる部屋をつくりませんか?

省エネ機能もあり、効率よく夏を楽しめることは間違いないでしょう。


<メールでのお問い合わせ>

<お電話でのお問い合わせ>
0800-800-4787(通話料無料)

<配管工事はここがおすすめ!仙台の優良業者ランキング5社!>
菜花空調は仙台で配管工事やプラント工事を依頼できる会社はココにて
ランキング3位になりました

+ + + + + + +
LINE@で、最新チラシや割引情報など、お得な情報を随時配信しています。
友だち登録してくれた方にはさらに、「お得なクーポン」をプレゼント中!
ぜひ友だち登録してください。

▼スマホの人は下記のURLをタップ

▼ID検索でのご追加はこちらから!
@nabana-kuuchou



タグ