ブログ

blog
2019/8/15 17:15

「学校にエアコンなんて必要?」が通用しない時代に!



皆さんこんにちは。
宮城県塩竈市・仙台市を拠点に、エアコンやガス給湯器の販売・取付工事を行なっている株式会社菜花空調です。

昨年、2018年の夏は連日40℃を超える猛暑日が続き、小学生が熱中症で亡くなるという痛ましい事故が報道されていました。その際、公立小中学校のエアコン普及率が自治体によって大きな差があることが明るみになり、世間の話題となりました。
この記事では、熱中症事故の背景や小学校のエアコン普及率の問題について取り上げるとともに、小学校へのエアコン設置などの公共工事について紹介します。

■熱中症事故の背景
子どもの熱中症事故を未然に防ぐためには、実情を正しく把握しておく必要があります。



・子どもは大人よりも暑さに弱い
実は子どもは大人よりも暑さに弱く、熱中症になってしまうリスクが高いのです。これは体温調節機能が未発達というのが原因です。特に発汗作用が大人に比べて未熟で、暑さを感じてから汗をかくまでに大人よりも時間がかかります。また、子どもは大人に比べて体内の水分量が多く、熱しやすく冷めやすい体質であることも原因の一つです。

・日本の平均気温は昔よりも上昇している
「昔はクーラーがなくても過ごせたよ」という年配の方もいるかと思いますが、日本の平均気温は昔よりも上昇しています。50年前と比べて全国平均で約2℃、都市部ではさらに1〜2℃ほど上昇しているといわれています。これの起因となっているのは地球温暖化やヒートアイランド現象で、日本は昔に比べて確実に暑くなっています。夏場は、子どもの体温以上の気温となる日も珍しくありません。

以上のように、子どもは暑さに弱く、日本の平均気温が上昇している実情を踏まえると、小学校などの教育現場にエアコンを設置することはもはや必然だといえます。


(引用:気象庁|日本の年平均気温偏差の経年変化 1898〜2018年)


■小学校にエアコンを設置するために
猛暑日が多い西日本を中心に小学校へのエアコン設置が急務となっています。平成29年4月に発表された文部科学省による都道府県別のエアコン設置率調査によると、普通教室では全国平均で49.6%(特別教室を含むと41.7%)、東京都で99.9%(同84.5%)、熱中症事故が起きた愛知県で35.7%(同27.8%)、ここ宮城県では4.1%(同8.9%)と、都道府県によってかなりの差があることがわかりました。


(引用:アイシン精機HP「GHPで学校をもっと涼しく快適に!」より※普通教室+特別教室の合算)

普及率に差がある原因となっているのは、交付金の申請が認められないことです。学校が空調設置や校舎の耐震工事などを行う際に、費用の約3割を国が補助する「学校施設環境改善交付金」という制度があります。しかし、この交付金は、申請してもなかなか認めてもらえない自治体が多いのが現状となっています。

■政府や自治体も、ようやく動き始めました
このような状況を受け、平成30年に全ての公立小中学校にエアコンを設置するための予算措置を図る方針をとることが、政府により発表されました。菅官房長官は当時の会見で、「児童・生徒の安全、健康を守るための猛暑対策は緊急の課題だ。学校へのクーラー設置を支援していく必要がある」と述べています。また地元の仙台市でも、平成30年に全ての市立学校・園にエアコンを設置していく取り組みを行うことが発表されました。政府や自治体は、「猛暑はもはや災害である」と捉えるようになってきているのです。


(地元仙台市でも、全ての市立学校にエアコン設置を決定 引用:仙台市HP)

■公共工事の施工には、厳しい基準が設けられています
小学校へのエアコン設置などの公共工事を施工する際には、さまざまな厳しい基準が設けられています。業務体制から有資格者の配置、業務報告書の提出、完了検査などこと細かく基準が定められており、その全ての基準をクリアして公共工事が行われています。そのような厳しい基準が設けられている理由は、もちろん利用する人々の安心と安全のためです。公共工事の施工は、国が認めた基準をクリアした高品質で高精度な施工だといえます。


(公共建築物の工事では、国土交通省によって技術基準が厳しく定められています。たとえば平成31年度の機械設備工事の仕様書では、実に347ページに渡って細かな規定があり、提出書類や完了検査などの内容が定められています 引用:国土交通省)




■まとめ
子どもの熱中症事故への対策が急務であると同時に、公共工事の施工ではさまざまな厳しい水準をクリアし、高い施工精度・施工品質を保つ必要があります。
実は菜花空調も公共の空調工事に協力しており、仙台市や塩竈市の学校空調工事を手掛けています。菜花空調では、どの現場においても公共工事に求められるものと同じ精度・品質で施工を行っています。学校や公共施設での高い技術水準を、オフィスやご家庭でも区別することなく同水準で提供しております。

エアコン・ガス給湯器を、公共施設レベルの高品質な施工で設置・入れ替えをしたいときは、ぜひ菜花空調までご相談ください!

<菜花空調へのお問い合わせ先>
TEL.0800-800-4787(フリーアクセス)

タグ