ブログ

blog
2017/10/13 14:30

冬場のお風呂の第一歩を、「ヒヤッ」から「ほっ」に変える「ほっカラリ床」



皆さんこんにちは、宮城県仙台市を中心に空調工事や水まわり・ガス工事を行なっている株式会社菜花空調です。

寒さが本格的になってくると、お風呂にゆっくり浸かって温まりたいですよね。
でも、どうしても躊躇してしまうのが、お風呂に入る一歩目。
「ヒヤッ」とした冷たい床が苦手な方も、多いのではないでしょうか?

そこで今回は「ヒヤッ」から「ほっ」に変わる、TOTOの「ほっカラリ床」についてご紹介します。


従来の浴室の悩みを解決した新構造

これまでの浴室の床といえば、在来工法であればキンキンに冷えたタイル、ユニットバスでも床下の冷気がそのまま伝わ床材でした。
そのため、「スノコ」を敷いたり、マットを敷いたり、冬場ならではの工夫が必要でした。
また在来工法では、タイルの硬さが足腰への負担になり、部材価格が高いために施工費も高額になりがちでした。


(床下の冷気を拾ってしまう、従来の浴室の床)

そこでTOTOでは、「ほっカラリ床」を開発。
表面のFRPシートの下に、「断熱クッション層」と「断熱床パン」の二重の断熱材を重ねた構造で、冬場の一歩目でも「ヒヤッ」としないクッション性のある床材を、ユニットバスに搭載しました。




そんなTOTOの「ほっカラリ床」の特徴をまとめてみましょう。

・柔らかい
クッション性にすぐれ、ひざをついても痛くありません。
その柔らかさは、まるで畳のようなイメージです。
また衝撃音を吸収するため、物を落としても大きく響きません。
柔らかいため足裏にフィットし、すべりにくいのもポイントです。


・ヒヤッしない
Wの断熱構造で、床裏からの冷気をシャットアウト。
優れた断熱性能で、室温とほぼ同じ温度を実現します。


(床裏からの冷機をシャットアウトするほっからり床)


・掃除が簡単
ほっからり床の表面は、特殊処理を施した親水素材が採用されています。
そのため皮脂汚れを水で浮かして、汚れ落ちがスムーズに。
軽くこすれば汚れが落ちるので、ブラシでのお掃除もラクになります。




いかがでしょうか。
入浴時の「ヒヤッ」を「ほっ」に変え、掃除もラクになるTOTOの「ほっカラリ床」は、嬉しいことに、TOTOのユニットバスには、ほぼ標準で搭載しています。

浴室リフォームをご検討される際、このような快適性もぜひチェックしてみてください!


なお菜花空調では、TOTOをはじめ、各メーカーのユニットバスのリフォームを承っております。
浴室や水まわりでのお悩み、不具合などがありましたら、ぜひお気軽に、当社までご相談ください!

<メールでのお問い合わせ>
<お電話でのお問い合わせ>
0800-800-4787(通話料無料)

LINE@で、最新チラシや割引情報など、お得な情報を随時配信しています。
友だち登録してくれた方にはさらに、「お得なクーポン」をプレゼント中!
ぜひ友だち登録してください。

▼スマホの人は下記のURLをタップ

▼ID検索でのご追加はこちらから!
@nabana-kuuchou




タグ